《誠光社の本棚から》「対談の名手 吉行淳之介」
5636d227be6be33091006fe0 5636d227be6be33091006fe0 5636d227be6be33091006fe0

《誠光社の本棚から》「対談の名手 吉行淳之介」

¥3,240 税込

送料についてはこちら

文庫版 / 1973年〜1986年発行 / 6冊セット / 古書 一言目に女の話、二言目に猥談。誰からかまわず相手の懐に入り込み、艶っぽい話や馬鹿馬鹿しい話をあっけらかんと引き出してしまう、下ネタの上手い人間は作家としても一流である。そんな猥談の名手、吉行淳之介の真骨頂が味わえる対談集をセットでご紹介。男性とのセックス体験をあけすけに披露し、タブーなしの展開が最高なカルーセル麻紀との対談、「観客を笑わせ殺したことがある」という衝撃の告白に始まり、なぜか催淫剤の話に展開する森繁久弥とのやりとりなどなどあわせて50以上もの名勝負が楽しめます。『軽薄対談』、『着流し対談』、『不作法対談』(いずれも新潮文庫)、『恐怖対談』、『恐怖・恐怖対談』、『恐・恐・恐怖対談』(いずれも角川文庫)の6冊をセットで。遠藤周作、山口瞳、野坂昭如、筒井康隆、殿山泰司、金子光晴、ミッキー安川、土方巽などなどが登場。トイレに置いておけば半年は楽しいひと時を過ごせるでしょう。