暮らしのなかで考える
579821f741f8e86c60004169 579821f741f8e86c60004169

暮らしのなかで考える

¥11,000 税込

送料についてはこちら

著者:浦松佐美太郎 / 出版社:暮しの手帖 / 134mm × 190mm / 316P / ハードカバー / 1959年発行第二刷 / 古書 「考える」という行為を思想や哲学のレベルから、暮らしという身近な目線にまで下げ、読者と共に考える、初期『暮しの手帖』誌上で三年間にわたり連載された名随筆集。「量は質にならない」、「ふだん着とよそゆき」、「考えるための道具」などなど。戦後の「立ち直り期」ならではの真摯で普遍性のある言葉の数々。もちろん装幀は花森安治。暮しの手帖社単行本の中でもながらく絶版で、なかなか見かけない稀覯本です。カバーに薄汚れ、裏表紙見返しに名前印あり、他特に目立ったダメージはございません。