みすず書房旧社屋
583936f6a458c09b3000718f

みすず書房旧社屋

残り1点

¥3,564 税込

送料についてはこちら

著者:潮田登久子 / 出版社:幻戯書房 / A5判 / 196P / ハードカバー 出版社のオフィスというよりもほとんど住宅のような木造二階建て。かつてみすず書房の本はすべてここで生まれ、世に送り出されてきました。建物が悲鳴を上げはじめ、解体を目前に控えた1995年、写真家潮田登久子はその記憶をフィルムに刻むようにして隅々までを撮影しました。雑然とした中、文字通り方を寄せ合いながらの編集会議の様子や、解体直前の無人の社内。本が生まれる現場としてこれ以上なく相応しい、そんな気持ちにさせてくれる佇まいに胸を打たれます。鬼海弘雄、島尾伸三らによる、思い出を交えた奇行も読み応えあり。みすず書房の書籍を一冊でもお持ちの方には是非手に取っていただきたい本です。