亡命ロシア料理
5a75593ced05e616f500455f

亡命ロシア料理

¥2,200 税込

送料についてはこちら

著者:ビョートル・ワイリ、アレクサンドル・ゲニス / 出版社:未知谷 / 130mm × 196mm / 232P / ハードカバー 「大衆の集団的な頭によってつくり出され、故郷の匂い(毒ガス?)のしみ通ったレシピなのだ。はたしてそういったものから、身を無理に引き離すことなどできるだろうか」 故郷を離れた著者二人が、自らを亡命者と称しつつ胃袋でつながったままのロシア料理を語ることで、アメリカをはじめとし、もう一つのアイデンティティであるユダヤ教など多様な食文化をユーモアと知性たっぷりに批評するエキサイティングな一冊。ウォッカ、「シチー」、「本物」のきゅうりのピクルス、「命と同じくらい大切」なパン。食が人はおろか国家までをも形成する根源的要素だということを思い知らされる、ファナティックで食べることの喜びに満ちた快作。モノクロ写真付きのレシピも掲載。