好きなことはやらずにはいられない 吉阪隆正との対話
5a92505cf22a5b0c2600393b 5a92505cf22a5b0c2600393b 5a92505cf22a5b0c2600393b

好きなことはやらずにはいられない 吉阪隆正との対話

残り1点

¥1,620 税込

送料についてはこちら

編:アルキテクト / 出版社:建築技術 / 106mm × 174mm / 254P / ソフトカバー ル・コルビュジエの日本人三人の弟子のうちの一人、今和次郎にも師事した建築家であると同時に思想家であり、世界平和を希求し、強烈なことばと問題提起を投げかけ続けた吉阪隆正。その思想、世界観を、彼の断片的なことばとイメージの組み合わせで俯瞰する、他に類を見ない書物。「つくらないことこそ創造である」、「美しいということはわかりやすいということ」。まるでマクルーハンの著作みたいな、アフォリズムとビジュアルの洪水。吉阪の活動経歴を把握できるテキスト「なぜ、吉阪隆正か!」も収録。入門編としても。