《誠光社の本棚から》カーアン・ブリクセン入門セット
new
5aab7b905f786633f9001f44 5aab7b905f786633f9001f44

《誠光社の本棚から》カーアン・ブリクセン入門セット

残り2点

¥6,458 税込

送料についてはこちら

ヘミングウェイと共にノーベル文学賞候補になり、結果受賞したヘミングウェイに「本来はブリクセンに与えるべき」とまで言わしめた女性作家カーアン・ブリクセン。コーヒー農園の女性領主として長年のケニアぐらしを、男性名であるイサク・ディーネセン名義で綴った『アフリカの日々』は、非ヨーロッパ圏で生きる人々を驚きと愛着の混じったみずみずしい視点で描いた名作。あの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の辛辣な主人公、ホールデン・コールフィールドをもってして「この人と友だちになりたい」と言わしめたことでも知られています。『バベットの晩餐会』は、田舎と都会、カトリックとプロテスタント、美的な価値観と倫理的価値観などを料理を通して鮮やかに対比させ、映画化もされた名短篇。ほかにも『7つのゴシックの物語』ではロマン主義に影響を受けた幻想的、奇想天外な短編を綴りその才能の幅広さが窺い知れるでしょう。ブリクセンの代表作4冊に、デンマークのブリクセン博物館協力の下、大阪大学北欧文学の田辺欧先生翻訳監修による、ブリクセンの歩を追った図版満載の豪華ブックレットをセットで。人シーズン費やして、一人の作家の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。 セット内容: 『アフリカの日々』(晶文社) 『バベットの晩餐会』(筑摩書房) 『ピサへの道 7つのゴシックの物語』(白水Uブックス) 『夢見る人びと 7つのゴシックの物語2』(白水Uブックス) 『カーアン・ブリクセン/私はストーリーテラー』(非売品ブックレット)