モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語
5ae2c026ef843f116e0006f9

モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語

残り3点

¥1,944 税込

送料についてはこちら

著者:内田洋子 / 出版社:方丈社 / 130mm × 195mm / 346P / ソフトカバー 「当時の出版者の多くは小規模で、印刷も行っていた。編んで、少部数を刷り、売る。在庫を抱えている余裕はない。モンテレッジォの人たちは、そういう版元から売れ残りや訳ありといった本を丹念に集めて、代わりに売りに歩き始めたのである」 かつてイタリアの山深い小さな村に、本の行商を生業とした人びとが暮していました。山を降り、イタリア各地をめぐり、青天井の下で本を販売した人たちはやがて、文化の種を蒔くがごとく、書店を開き各地へと根を張りました。ヴェネツィアのとある本屋に導かれ始まった、イタリア出版文化をめぐる旅。膨大な資料と幾度もの旅。美しい写真を交えた旅情あふれる名エッセイ。歴史と書物が分かちがたく結びついたまだ見ぬイタリアの景色がここに。