spectator 特集:わび・さび
new
5c54f692e73a2518d90c83e8

spectator 特集:わび・さび

¥1,080 税込

送料についてはこちら

発行:エディトリアル・デパートメント / 182mm × 242mm / ソフトカバー カウンター・カルチャーや、漫画周辺のサブ・カルチャーを得意としてきた同誌が「わび・さび」を特集。茶の湯の発展とともに、普及し、日本人の持つ共通言語となりながらも言語化する事が難しい概念を、キーワード、歴史漫画、紳士録、海外からの目線などを組み合わせ浮き彫りにする最高の入門書。利休や芭蕉など、侘び寂びを展開した人々のポートレイトを東陽片岡が担当したり、1980年代に"WET MAGAZINE"を主催した後、日本美に傾倒し、"Wabi-Sabi"という著作まで執筆したレナード・コレンや、"Emptiness"と"Simplicity"を対比させ日本美を語る原研哉へのインタビューなど、普遍的なテーマをこの雑誌ならではの観点と人脈で切る、エディトリアルの面白さに満ちた特集。茶の湯にも日本日にも関心がなく、むしろ「つげ義春」や今様の「食堂」には興味がある、という方にこそ。