WE HAVE NO PLACE TO BE: 1980-1982 / 俺たちどこにもいられない 1980-1982
new
5e291b83c78a535a283c8fef 5e291b83c78a535a283c8fef 5e291b83c78a535a283c8fef 5e291b83c78a535a283c8fef

WE HAVE NO PLACE TO BE: 1980-1982 / 俺たちどこにもいられない 1980-1982

残り1点

¥12,100 税込

送料についてはこちら

写真:橋口譲二 / 出版社:SESSION PRESS / 210mm × 290mm / 256P / ソフトカバー 『17才』や『father』など、ある属性にある人たちを撮り集めたポートレイト集でおなじみ橋口譲二の、キャリア最初期に刊行された伝説的写真集『俺たちどこにもいられない 1980-1982』がニューヨーク拠点に日本の写真を紹介する出版社センションプレスより新装復刊。ビートルズに夢中だった写真家は、東京の路上から1980年代初頭にリバプールへと渡航。さらにスキャンダラスな手記『われら動物園駅前の子どもたち』に感化され、西ドイツのニュルンベルク、西ベルリンへと移動。ビートニクの影響もありニューヨークへと渡り歩きながら、ユースカルチャーに感化された世界各地の若者たちを撮影しました。ストリートの若者達を被写体にした写真集は数多かれど、1980年代初頭、ポスト・パンク時代、到来しつつあった管理社会の影で鬱屈とする若者たちを捉えた貴重な記録。 新装復刊にあたり、作者自身が監修・編集し、2色刷りのマットニス加工印刷を施し、当時の臨場感を感じさせる見応えある内容に。序文を本書に多大なるインスピレーションを受けたという奈良美智が寄せています。