spectator 特集:秋山道男 編集の発明家
new
5ebe50bf34ef017380f9200e

spectator 特集:秋山道男 編集の発明家

¥1,100 税込

送料についてはこちら

発行:エディトリアル・デパートメント / 182mm × 242mm / ソフトカバー 高校生の頃から新宿、風月堂に出入りし、若松プロで演出から出演までを経験、テキ屋を経てエディトリアルの道へ進んだ「スーパーエディター」秋山道男。無印良品のオープニングでゴミ袋をチラシ代わりに配布し、雑誌の創刊カバーにキョンキョンを黒塗りにして登場させ、子どもたちのための雑誌を売価10円で編集する。その奔放な仕事と人を一冊まるごと特集した永久保存版。赤田祐一と菅付雅信の対談、南伸坊や末井昭の寄稿などなど、カウンターカルチャーが後退し、消費文化を謳歌し始めた時代の空気に寄り添いつつも好き放題やった、自由な仕事振りにヤラれること必至。