《配信・録画配信チケット》「A24映画」はなぜ面白いのか
other
5ef1c013b5a425210f4c5609

《配信・録画配信チケット》「A24映画」はなぜ面白いのか

¥1,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

20200710A24movie.pdf

285KB

*ライブ配信は7月10日19時〜21時(終了予定)、録画配信は同日23時より12日日曜日24時までの二日間、いずれの方法でもご視聴いただけます。 *ご購入後、視聴方法を記載したPDFファイルがダウンロードできますので、そちらを御覧くださいませ。 *** アカデミー賞でも話題になった『ムーンライト』をはじめ、『20センチュリー・ウーマン』、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』、『レディ・バード』など、昨今映画ファンを唸らせた傑作の数々。実は、これらすべて「A24」というアメリカの映画会社が配給した作品です。 『ムーンライト』と『レディ・バード』に至っては、製作にも名を連ねています。今年、日本の映画ファンの間でも『ミッドサマー』が話題になりましたが、これも全米配給は「A24」、そろそろ日本でも熱心な映画ファンの間では「A24映画」という認識が定着しつつあるようです。 「A24」はまだ2012年に立ち上がったばかりの会社ですが、その勢いは目覚ましく、グッズやZINEのような出版物などを積極的に制作し販売するなど、ブランディングにも意欲的、もはや2010年代アメリカのインディシーンを象徴するような存在です。 2020年も、『WAVES/ウェイブス』、『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』、『mid90s ミッドナインティーズ』、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』などの話題作が続々と控えています。それも、ほとんどが、『ミッドサマー』のアリ・アスターと同世代の新しい才能による作品ばかりだというのが何とも刺激的で、もはや「A24」は映画の未来をも予感させてくれる存在となりつつあります。そんな、今もっとも旬な「A24」のことを徹底的にガイドするのがこの講座。 案内人は『バビロンノート』で「いま観るべき女性監督」や「今観たいフランス女優・男優」などのキーワードのもと、同時代映画の潮流をクレジットやスタッフからわかりやすく解説された小柳帝さん。 当店では初の試みとしてライブ配信&2日間限定で録画配信させていただきます。ご遠方の映画ファンの皆様もこの機会をどうぞお見逃しなく!