原発ガーデン 映画監督デレク・ジャーマンの最晩年
new
5fa8d6cab00aa30e085e3b43 5fa8d6cab00aa30e085e3b43

原発ガーデン 映画監督デレク・ジャーマンの最晩年

¥550 税込

送料についてはこちら

写真:奥宮誠次 / 出版社:百年書房 / 文庫判 / 50P / ソフトカバー HIV罹患後、イギリス南端部のタンジネスという原子力発電所側の打ち捨てられた土地へと移住した、詩人であり映画監督、デレク・ジャーマン。彼はその地で"Prospect Cottage"と呼ばれる小屋を作り、作品を作るように庭仕事を続け、その生涯を終えました。本書は、晩年の彼と交流があった日本人写真家奥宮誠次による、「原発ガーデン」で過ごすデレク・ジャーマンのポートレイト写真に短い言葉を添えたポケットブック。 本書が、たった20枚にも満たない白黒写真で構成されているのには理由があります。是非本書を手にとってお確かめくださいませ。