《配信・録画配信チケット》仕立て屋のサーカスから考える、これからの舞台
new
60692d29d263f01170cc6d8f

《配信・録画配信チケット》仕立て屋のサーカスから考える、これからの舞台

¥1,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

20210510shitateya_no_circus.pdf

1.73MB

仕立て屋のサーカス」は2014 年の結成以来、1000年先まで続く舞台表現の萌芽を求めて実験を続けてきた舞台芸術グループです。 演劇でもダンスでもライブでもなく、そのすべてでもあるような独自の世界観は、国内はもとより、スペイン、フランス等、海外でも喝采を浴びてきました。 「仕立て屋のサーカス」の核心を浮き彫りにした書籍『したてやのサーカス』(夕書房)の刊行を記念し、グループの基本設計と演出を手がける音楽家の曽我大穂さんとクリエイティブディレクターの田中耕一郎さんのトークイベントを開催します。 曽我さんと田中さんは、共に奈良市出身。小学〜中学時代を共に過ごした同級生です。 関西に生まれ育ちながら、曽我さんは沖縄からヨーロッパ、そして東京での音楽活動に。田中さんもニューヨークや東京を拠点に広告界の第一線で活躍されています。 トークでは、田中さんもかかわった、コロナ禍で制作され、年末に配信された「仕立て屋のサーカス」初のコンサートフィルム「Cut the Fish」(監督・関根光才)を上映しながら、コロナ禍における舞台芸術やエンターテイメントのあり方について、「仕立て屋のサーカス」のこれからについて、語り合っていただきます。 本・音楽・舞台・映像・広告……2人のクリエイターの関心は幅広く、刺激的な時間になることと思います。 「仕立て屋のサーカス」ファンの方も、まだ見たことのない方も。どうぞお集まりください!