植田正治〈砂丘〉 コロタイプ・ミニポートフォリオ
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

植田正治〈砂丘〉 コロタイプ・ミニポートフォリオ

¥6,600 税込

送料についてはこちら

プリントサイズ: 254mm x 203mm / シート: 6枚 / 印刷:コロタイプ多色刷 / ケース入り 「若い頃、テーマに行き詰まったら、砂丘にいけばいい、と言ったものだ」 故郷山陰の風景を取り続けた植田正治がことあるごとに立ち返ったのが鳥取砂丘でした。TAKEO KIKUCHIを始めとした、ブランドのためのファッション写真において、モダンでシュールな演出をほどこした傑作を次々に撮影し、そのトレードマークのようにもなった砂丘写真をコロタイプにて精緻に再現したポートフォリオセット。額装、シチュエーションや季節で入れ替えてお楽しみください。 便利堂とコロタイプ 便利堂は1887 年に創業し、コロタイプとして知られる美術印刷を長きに渡り継承してきました。今ではコロタイプを実践する工房は希少となりましたが、繊細な多色刷りコロタイプ技術を次世代に繋ぐべく、活動を続けています。 コロタイプは、1855 年にフランスの科学者アルフォンス・ポアテヴァンによって発明された古典印画技法であり、写真製版印刷の方法として発展しました。当時の写真プリントは画像の保存性が低く、次第に退色したり変色してしまうという欠点がありました。それを補うために、顔料を用いるさまざまなプリント方法が考案され、その中で確立された技法の一つがコロタイプです。