new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

壁の前でうたをうたう

¥1,320 税込

送料についてはこちら

著者:中村暁野 / 発行:HYOTA / 四六判変形 / 84P / ソフトカバー 「言葉ってものを通さないと、誰かに何かを伝えることも、誰かから何かを受け取ることも、すごく難しく感じている自分に気づく」(本文より) 家族という小さな社会から大きな世界を考え、小さな記憶を言葉で綴る文筆家、中村暁野の最新作。グローバルなことをグローバルに語らない著者の淡々とした文章によって、冷静な視線だからこそホームビデオのようにひとつの家族が丸ごと切り取られます。 小さな里山に暮らす著者の家の近所に引っ越して来た日本人とリトアニア人の夫婦とその娘との会話、夫婦が出会うまでの、またこれからを尋ねたインタビュー、そしてそこから見えてくる自分。幾度となく感じる他者への壁を、他者と関わりながら時に内省的に自覚する、そのプロセスが心地良く響きます。一冊ずつ封筒に収められ、どこかに暮らす見知らぬ人から届いた現代のメールアートのような一冊です。

セール中のアイテム