new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ぼけと利他

¥2,640 税込

送料についてはこちら

著者:伊藤亜紗、村瀨孝生 / 出版社:ミシマ社 / 四六判 / 320ページ / ソフトカバー 「自分のしたことが本当の意味で相手のためになる、というのは、おそらく私たちが思うよりもずっと不思議で、想定外に満ちた出来事なのでしょう。ほとんど、奇跡だと言ってもいい」 2020年にサントリー学芸賞受賞を受賞した『記憶する体』の著者である美学者の伊藤亜紗が次に見据えたテーマ「利他」をめぐり、「宅老所よりあい」の代表として多くのお年寄りの介護、看取りを経験してきた村瀨孝生とで交わされた、計36通の往来書簡。「ぼけ」をキーワードに、ケアをすることとされること、自己と他者などの二項間に横たわる複雑な問題系をたどります。前提となっている問題意識をもっと掘り下げたいひとは、ミシマ社のウェブページ「みんなのミシマガジン」も併せてどうぞ。

セール中のアイテム