{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

《デッドストック》怒れる女たち

残り3点

2,200円

送料についてはこちら

著者:アンドレア・ジュノーア&V・ヴェイル / 出版社:第三書館 / mm × mm / 235P / ソフトカバー / 1995年発行 「社会はアウトサイダー同士を反目させたい、異性愛の女性運動家とレズ、白人と有色人種を戦わせたいわけで、また私たちとしてもそういう罠にはまりやすい」(ホリー・ヒューズ) ソニック・ユースからリチャード・カーンまでさまざまなアーティストたちと共演してきたノー・ウェーヴの女王リディア・ランチ、踊り子、売春婦を経て、過激なパフォーマンスや論説を展開したアニー・スプリンクル、アフリカ系アメリカ人の立場でアートや教育を題材にフェミニズムを展開したベル・フックス、血まみれのパフォーマンスでエイズ問題を取り上げた舞台を披露したディアマンダ・ギャラス。 フェミニズムという言葉がまだ耳慣れなかった1990年代、HIVの大流行と湾岸戦争、インターネット前夜の時代に、怒りを作品として昇華した女性アーティストたちへのインタビュー集。ジェンダー問題を超えた、ぶっ飛んだ発言満載のどてらい女たちを見よ。ストレンジ・ミュージックやモンド映画の紹介でおなじみリ・サーチマガジンからの単行本を越智道雄による翻訳で。デッドストック(自由価格本)で入荷、定価より割引価格でご紹介。

セール中のアイテム