{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

スモール・タウン・トーク ヒューマン・ソングをたどって…

2,530円

送料についてはこちら

著者:松平維秋 / 出版社:VIVID BOOKS / 130mm × 190mm / 270P / ソフトカバー 「ぼくがロックを好きなのは、正にこのところが肝心なのだけど(中略)"現実感”にあふれた音でぼくに、”すてきな時”をプレゼントしてくれるからなんだ」 1969年、渋谷のジャズ喫茶「DIG」のレコードが盗難にあい、あらたにロック喫茶「ブラックホーク」として再始動しました。前店のレコード係であった著者は、そのままリニューアル後も店に残り、DJとしてあらたな価値観でロックミュージックを選曲します。革命や精神世界を歌いあげるニューロックではなく、心地よい時間を演出する「ヒューマンソング」を指針に、シンガー・ソングライター、ブリティッシュ・フォーク、スワンプ・ロックなどメジャー、マイナーの境界を超えたコレクションを築き上げ、それらはブラックホークならではの選盤として多くの愛好家、コレクターたちに影響を与えました。 本書は、1999年に夭逝した著者の、ライターとしての音楽エッセイに加え、ブラックホークコレクションを紹介する、ジャケット付きのディスクガイド、ブラック・ホークニュース復刻版などを掲載。グッド・オールド・ミュージックを愛するすべてのリスナーへ。 2000年刊行の初版の在庫が限定入荷。お早めにどうぞ。

セール中のアイテム