new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

わたしは思い出す

3,500円

送料についてはこちら

企画・編集:AHA! / 発行:remo / 110mm × 160mm / 832P / ソフトカバー わたしは思い出す、涙は意外と出なかったことを。 わたしは思い出す、そんなに急いで大きくならないでいいのに、と思ったことを。 仙台市の沿岸部に暮らし、2010年6月に第一子を出産したひとりの女性の日記を読み返しながら、彼女自身の記憶の断片を掘り起こし、震災を挟んだ十年を、800ページ超、30万字ものボリュームにまとめた生活史。 SNSやウェブ上には残らない、なんでもない光景や、些末な会話、子どもの成長とともにすぎる目まぐるしい時間。データや特別な人による回想ではなく、ひとりの女性が経験した震災とその後の10年をパッケージする言葉の記念碑。 「世田谷クロニクル」や「はな子のいる風景」でおなじみ、AHA!(Archive for Human Activities / 人類の営みのためのアーカイブ)が企画する巡回展にあわせて刊行された一冊です。

セール中のアイテム