{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

プールサイド

1,760円

送料についてはこちら

文:藤本和剛 / 写真:新田君彦 / 発行所:poolside books / B6変型 / 184ページ / ソフトカバー 「ある先輩が言っていた。地団駄もいつかステップになり、もがきもやがてダンスになる」 説明不要の関西圏名物雑誌『Meets Regional』の副編集長を長年務めた藤本和剛による出版レーベル「poolside books」の記念すべき最初の一冊!同レーベル立ち上げ人自身が先陣を切って書き手となった本書は、一方が文章でもう一方は写真でやりとりするという取り決めのもと始まった、フォトグラファー新田君彦との7か月の交換日記。 編集という仕事や雑誌について考え、家族や友人との時間を過ごし、お酒をつっかける日々を綴った藤本さんの文章は、帯に社会学者の岸政彦が書くように「にぎやかなのにどこか寂しい」大阪のほんとうの空気をありありと伝えてくれます。対する、新田さんの写真はまさに「日記」的な写真のお手本のように、撮影者の顔と日常がどこか透けて見えるかのよう。 ブックデザインは当店でも度々お世話になっているStudio Nakamura Kentaro。

セール中のアイテム